2015/01/25(日)PukiWiki UTF8版とEUC-JP版

PukiWiki UTF-8版とEUC-JP版

今の ECO-Wiki (acronia) はEUC-JP版

PukiWikiにはUTF-8版とEUC-JP版がありますが、現在はEUC-JP版を採用しています。理由としては、

  • 元のECO-WikiがEUC-JPだった
  • UTF-8版にすると転送量が増える
  • UTF-8版にするとPukiWikiが内部的に使用するファイル名が長くなる
  • UTF-8版にするとURLが長くなる(けど、そんなに大した問題ではないかな)
  • UTF-8はあまりおすすめしないような記述があった*1

などです。

UTF-8版にするべきか

ただ、最近はUTF-8版にした方が良いかなと考え始めてます。

とはいえ、EUC-JPで困っているというわけでもないのでUTF-8版に置き換えるかどうかはちょっと悩ましいところです。

UTF-8版にするなら、PukiWiki 1.5.1のリリースに合わせることになるでしょうか。

UTF-8版にする場合の課題

  • ファイルなどを全部UTF-8に変換する必要がある
    • 変換スクリプトが作られているようなので、これで変換を試みることになりそうです。
  • (英数字以外をページ名に含む)各ページのURLが変わってしまう

*1 : ただ、これは公式のUTF-8版さえなかった頃に、わざわざUTF-8にすることは勧められなかったいうもので、現在には当てはまらないですね。

OK キャンセル 確認 その他