2009/11/10(火)Windowsパッチメモ

Windows Vista以前へのパッチ

ちょっと前の話ですが、Windows 7で導入された機能の一部がWindows Vista(後者はXPも)向けに提供されました。

グラフィック機能の強化は、DirectX11とWDDM1.1のようで、導入してみるとDirectXのバージョンは確かに11になっていました。ただ、WDDMは1.1になったのかどうかよく分かりません。dwm.exeのメモリ使用量が減るかもしれないと思って調べてみても特に変わってないようですし。ドライバ側がまだ対応してないのかもしれないですね。

リモート デスクトップ接続の更新は、XP/Vistaから7へ接続するときにパフォーマンス向上や新機能の恩恵が受けられるようです。逆の場合は変化がないのですが、それでも7同士でないと恩恵が受けられないよりは良いですね。

ツールとか

PowerShell v2自体は夏頃に公開されていましたが、それと他の管理ツールが含まれたパッケージのようです。PowerShell ISEとかはPowerShellを書くなら便利そうですね。

PowerShellは前々から面白そうとは思っていたのですが、まだ試したことはありません(;^_^A

そのうち試して見たいなあ。

結構前から時たま話題になっていた、Microsoftの無償ウィルス対策ソフト。

とりあえず、Windows 7のXPモード(Windows Virtual PC)上で動いているWindows XP用のウィルス対策ソフトとして導入しました。使用頻度が低い仮想環境のために有償対策ソフトを買いたくなかったのでちょうど良かったです(^-^;

他の無償の対策ソフトと違ってユーザー登録などの作業も一切必要ないのが楽ですね。検知性能については、すごく悪いということもなさそうなので、とりあえず仮想環境で使う分には十分かな。

2009/10/31(土)パソコン購入

パソコン購入

前々から買おうと思っていたノートPCを買いました。いろいろ考えて結局以下のようなスペックで購入。

  • Windows 7 Professional 64ビット
  • Core 2 Duo T9600
  • GeForce GT 130M
  • 4GBメモリ
  • 15型ディスプレイ、1920×1200

最近は性能がそこそこで10万円を切るようなノートPCが売れ筋らしいですが、トレンドから完全に離れた構成ですね^^;

ノートPCで1920×1200はどうかと思ってたけど、実際に使ってみるとかなりいいです。広くて快適(o^^o)*1

OSについてあえて64ビット版を選んだ理由は、

  • ほとんどのアプリケーションは問題なく動くだろうと判断した。
    • それに、Vista 32ビット環境もあるから多少問題があってもそこまで困らない。
  • 64ビット向けにコンパイルしたソフトを実際に動かしてみたい。

とまあこんな所です。

Professionalを選んだのは、主にリモートデスクトップとXPモードが目的です。XPモードは実用と言うよりは遊び用(^-^)

*1 : これでますます低解像度に戻れなくなるかも^^;

2009/10/22(木)Windows 7 発売

Windows 7 発売

今日はWindows 7の一般販売日です。ニュースを見たところでは、各所で発売イベントがあり結構盛り上がったらしいですね。

私もそろそろノートPCをリプレースしようと思っていたところので、Windows 7に合わせて発売される新モデルに良さそうなのがないか様子を見ていたのですが…、あまり良さそうなのはないです(-_-;)

15インチで、縦1000ドット以上の16:10ディスプレイって条件は最近ではかなり厳しいようです。*1新モデルは16:9がほとんどでした。

仕方ないので新しいのにこだわらず選ぼうと思います。これ以上待っても状況は好転しない気もしますし。

*1 : ほんとうは4:3の方がいいけどもう絶滅したらしい…

2009/10/04(日)Windows 7 のサポート期間

Windowsのサポート期間

いずれは、PC購入時などに製品版Windows 7を入手することになると思うので、少しサポート期間について調べてみました。

※この記事の情報は古くなりました。更新情報はWindows のサポート期間を参照。

Windows XP/Vista のサポート期間

マイクロソフトのサポートライフサイクルは、基本的に

  • コンシューマー向け
    • メインストリームサポート: 発売から最短5年
    • 延長サポートサポート: 対象外(Not Applicable)
  • ビジネス向け
    • メインストリームサポート: 発売から最短5年
    • 延長サポートサポート: 発売から最短10年

となっています。

WindowsだとHome系がコンシューマー向けで、Professional/Business系がビジネス向けになるようです。ただし、Windows XPはHome Editionのサポート期間が延長された経緯があります。また、Windows Vista Ultimateは当初ビジネス向けとして延長サポートが有効だったのですが、後にやっぱりコンシューマー向けなので延長サポート無しと変更されています。

結果として、Windows XP/Vistaのサポート期間は以下のようになっています。

製品名メインストリーム
サポート終了日
延長
サポート終了日
Windows XP Home Edition2009/04/142014/04/08
Windows XP Professional2009/04/142014/04/08
Windows Vista Home Basic2012/04/10対象外
Windows Vista Home Premium2012/04/10対象外
Windows Vista Business2012/04/102017/04/11
Windows Vista Ultimate2012/04/10対象外

Windows 7 のサポート期間

Microsoftが公開しているWindows 7のサポート期間は以下のページで見られるようです。*1

製品名メインストリーム
サポート終了日
延長
サポート終了日
Windows 7 Starter2015/01/132020/01/14
Windows 7 Home Basic2015/01/132020/01/14
Windows 7 Home Premium2015/01/13対象外
Windows 7 Professional2015/01/132020/01/14
Windows 7 Ultimate2015/01/132020/01/14

StarterやHome Basicに延長サポートが付いているのにHome Premiumが対象外というのはちょっと謎ですね。(しかも欧州向けには延長サポートが付いている。) Vistaの時みたいに、発売後に変更されたりするのでしょうか。

2009/10/08追記

Microsoftのサポート期間情報が更新されたようで、ProfessionalとEnterprise以外は延長サポート無しに変更されていました。以前の情報は暫定的な物(もしくは単なる間違い?)だったのかもしれません?結局はVistaと同じと言うことでしょうかね。

現在のサポート期間情報

製品名メインストリーム
サポート終了日
延長
サポート終了日
Windows 7 Starter2015/01/13対象外
Windows 7 Home Basic2015/01/13対象外
Windows 7 Home Premium2015/01/13対象外
Windows 7 Professional2015/01/132020/01/14
Windows 7 Ultimate2015/01/13対象外

*1 : 末尾にNが付いているのは欧州向けの機能制限版みたいです。

2009/08/06(木)Windows 7 RC その2

Windows 7 RCの続き。

ブート設定の変更

システム構成ユーティリティ(Vista)

Vista/7のデュアルブートにしましたが、常用するのはVistaの方なので、規定のOSをVistaにしてタイムアウトを3秒にしておきました。

これで、何もしなければOS選択場面を3秒で通過してVistaが起動します。

Windows 7のセキュリティソフト

Kaspersky Internet Security 2009

RCとはいえセキュリティソフトは入れた方が良いわけで、最初は適当なフリーのセキュリティソフトを入れるつもりでした。でもよく調べてみたら、今Vistaで使っているKaspersky Internet Security 2009は、デュアルブート環境なら1ライセンスで両OSに導入して良いそうなので、これを使うことにしました。

Windows XP Mode

XPモードが使える環境だったので、試しに入れてみました。

XPモードの機能でIE6を起動するとこんな感じになり、仮想XP上のアプリケーションを、普通のアプリケーションのようにWindows 7上で使うことができます。(左:IE8/右:仮想XPのIE6)

左:IE8/右:XPのIE6

しかし、Virtual PC上で実行されていることに変わりはないのでいろいろ面倒なことはあります。

  • 仮想XPの環境を整える必要がある
    • Update
    • セキュリティソフト
    • 各種設定(ホイールスクロールの移動量などは同じにしないと違和感が…)
    • IME (今の状態だとWindows 7はATOKで、仮想XPはMS-IME…)
      • 辞書も当然別々
      • IMEバーがウィンドウの中にしか存在できないので若干違和感が…
  • 制限事項とか
    • XPモードで実行したアプリケーションから見えるディスク構成は仮想XPのもの
      • ホストOSのドライブはマウントされているのでマイコンピュータからたどることはできる
    • 普通のアプリケーションとの間でドラッグ&ドロップは出来ない
    • 仮想XPを起動する必要があるので、初回起動は遅い

結局、Virtual PCについての理解は必要と言うことですね。

パフォーマンスはドロップダウンメニューのアニメーションがやや不自然だったのと(これ仮想XPの設定をパフォーマンス優先にすれば気にならない)、ウィンドウサイズの変更がもたつくのが気になりましたが、IE6を使う程度なら問題はなさそうです。

感想

おおむね期待通りでした。ちゃんと理解して使う分には便利だと思います。XPのライセンスやイメージを準備する手間・費用も省けますし(セキュリティソフトはやっぱり必要ですが)。

まあ、使い道はIE6でのHTML/JavaScript動作検証くらいしか無いんですけどね^^;これだけでも便利と言えば便利。*1

*1 : そこまでするくらいならIE6を切り捨てる方が幸せになれるかもしれませんが…。

タスクマネージャー

タスクマネージャー

タスクマネージャーはVistaと特に変わってないようです。64ビット版なので、WoW64で動作しているプロセスには *32 という印が付いてます。

リソースモニター

リソースモニター

リソースモニターはVistaから改良が加えられていました。例えば、物理メモリの使用状況がグラフで詳細に表示されるようになっています。(やたら使用中が多いのは仮想XPに2GB割り当てたから。)また、「使用中」などの用語をポイントするとツールチップで解説が出てきます。結構丁寧な内容だったので書き出してみました。

  • 使用中: プロセス、ドライバー、またはオペレーティングシステムによって使用されているメモリ
  • 変更済み: ほかの用途に使用される前にディスクへの書き込み*2が必要な内容が含まれているメモリ
  • スタンバイ: キャッシュデータやアクティブに使用されていないコードが含まれているメモリ
  • 空き: 有効なデータが含まれず、プロセス、ドライバー、またはオペレーティングシステムにメモリが必要になったとき最初に使用されるメモリ領域
  • 利用可能: プロセス、ドライバー、またはオペレーティングシステムですぐに使用可能なメモリの量(スタンバイメモリと空きメモリを含む)
  • キャッシュ済み: プロセス、ドライバー、またはオペレーティングシステムから高速でアクセスするためのキャッシュデータおよびコードが格納されているメモリの量(スタンバイメモリと変更済みメモリを含む)
  • 合計: プロセス、ドライバー、またはオペレーティングシステムで使用可能な物理メモリの量
  • インストール済み: コンピューターにインストールされている物理メモリの量

スタンバイメモリも空きメモリと同様にすぐに利用可能なメモリであるということが分かるのはよいですね。*3

こういう細かい改良は結構好きです。たぶん、Vista→7ではこういう目立たない改善は結構あるんでしょうね。どちらかというと目立つ変化より、メモリマネジメントとか見えない部分がどう変わったのかに興味があるのですが、こればかりは使ってるだけじゃ分からないだろうなあ^^;

*2 : ページアウトのことかな?

*3 : Vistaのタスクマネージャーで表示される空きメモリが、SuperFetchによってほぼ0になっているのを不安に思った人もいたようですし。

OK キャンセル 確認 その他