2017/04/08(土)ドライブ空き容量をチェックしてトースト通知する

ドライブ空き容量をチェックしてトースト通知する

PowerShellで空き容量チェックスクリプトを書いてみました。Windows 10 のアクションセンターで通知されます(トースト通知)。

check_diskspace.png

ソースコード

# ドライブごとにしきい値を設定
$min_freespace = @{
    "C" = 30GB;
    "D" = 10GB;
    "E" = 50GB;
}

function ShowBalloonTip(
    [string] $tilte = "件名", 
    [string] $body = "本文"
) {
    #[Reference]
    # PowerShell can I use balloons, toasts and notifications?
    #   https://deploywindows.info/2015/12/01/powershell-can-i-use-balloons-toasts-and-notifications/
    # Toasts templates
    #   https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/apps/hh761494.aspx

    [Windows.UI.Notifications.ToastNotificationManager, Windows.UI.Notifications, ContentType = WindowsRuntime] > $null
    $template = [Windows.UI.Notifications.ToastNotificationManager]::GetTemplateContent([Windows.UI.Notifications.ToastTemplateType]::ToastText02)
    # Convert to .NET type for XML manipuration
    $toastXml = [xml] $template.GetXml()
    # Customize the toast message
    $text = $toastXml.GetElementsByTagName("text")
    $text[0].AppendChild($toastXml.CreateTextNode($tilte)) > $null
    $text[1].AppendChild($toastXml.CreateTextNode($body)) > $null

    # Convert back to WinRT type
    $xml = New-Object Windows.Data.Xml.Dom.XmlDocument
    $xml.LoadXml($toastXml.OuterXml)
    $Toast = [Windows.UI.Notifications.ToastNotification]::new($xml)

    $AppID = 'Microsoft.Explorer.Notification.{3e1c1f24-a023-49cf-98ff-90cdabb9930b}'

    [Windows.UI.Notifications.ToastNotificationManager]::CreateToastNotifier($AppID).Show($Toast)
}

$msg = ""
foreach ($drive_letter in $min_freespace.Keys) {
    $drive = Get-PSDrive $drive_letter
    if ( $drive.Free -lt $min_freespace[$drive_letter] ) {
        $msg += "{0}ドライブ空き容量:{1,0:0.00}GB`n" -f $drive_letter, ($drive.Free/1GB);
    }
}

if ( $msg ) { 
    ShowBalloonTip "空き容量警告" $msg
}

準備

以下のレジストリを登録しないとトースト通知を履歴に残せないようです。(通知自体はされる。)

  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Notifications\Settings\Microsoft.Explorer.Notification.3e1c1f24-a023-49cf-98ff-90cdabb9930b
    • 値の名前: ShowInActionCenter
    • 値のデータ: 1
    • 種類: REG_DWORD

コマンドで追加するなら、

reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Notifications\Settings\Microsoft.Explorer.Notification.{3e1c1f24-a023-49cf-98ff-90cdabb9930b}" /v ShowInActionCenter /t REG_DWORD /d 1

「Microsoft.Explorer.Notification.3e1c1f24-a023-49cf-98ff-90cdabb9930b」*1のところに特に意味は無く、ソースコード内のIDと一致していれば良いです。

自動実行

タスクスケジューラーに登録すれば、自動実行できます。

  • プリグラム/スクリプト: %SystemRoot%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe
  • 引数の追加(オプション): -ExecutionPolicy RemoteSigned -File スクリプトのパス

ただ、普通に登録するだけではどうしてもウィンドウが表示されてしまうようです。検索するとWSH(VBScriptやJScript)経由でPowerShellを呼び出すことでウィンドウを隠す方法が見つかります。PowerShell単体でできるようにして欲しい(-_-;)

更新履歴

  • 2017/04/08: 不要な記述が残っていたので削除。

*1 : 3e1c1f24-a023-49cf-98ff-90cdabb9930bは[Guid]::NewGuid()で新規取得したGUIDを使っただけ。

Pukiwiki 見出しタイトル化

2017/03/10 Programming::PukiWiki

Pukiwiki改造: 見出しタイトル化

最初に出現したレベル1見出しをページタイトル(titleとh1)に反映する改造です。

改造前のconvert_htmlにbodycache用の記述も含まれているので、使っていない場合は無視してください。

  • lib/convert_html.php
    • function convert_html
      • 変更前
        function convert_html($lines)
        {
        	global $vars, $digest;
        	global $bodycache_status;
        	static $contents_id = 0;
        
        	if ( $bodycache_status === 'cached' ) {
        		$contents_id += 90 ;
        	}
        
        	// Set digest
        	$digest = md5(join('', get_source($vars['page'])));
        
        	if (! is_array($lines)) $lines = explode("\n", $lines);
        
        	$body = new Body(++$contents_id);
        	$body->parse($lines);
        
        	return $body->toString();
        }
        
      • 変更後: 「global $title, $page;」と「if ( isset( $body->title ) )~」を追記。
        function convert_html($lines)
        {
        	global $vars, $digest;
        	global $title, $page;
        	global $bodycache_status;
        	static $contents_id = 0;
        	
        	if ( $bodycache_status === 'cached' ) {
        		$contents_id += 90 ;
        	}
        
        	// Set digest
        	$digest = md5(join('', get_source($vars['page'])));
        
        	if (! is_array($lines)) $lines = explode("\n", $lines);
        
        	$body = new Body(++$contents_id);
        	$body->parse($lines);
        	
        	if ( isset( $body->title ) ){
        		$page = $title = htmlsc(trim($body->title));
        	}
        
        	return $body->toString();
        }
        
    • Heading::function Heading
      • 変更前
        	function Heading(& $root, $text)
        	{
        		parent::Element();
        
        		$this->level = min(3, strspn($text, '*'));
        		list($text, $this->msg_top, $this->id) = $root->getAnchor($text, $this->level);
        		$this->insert(Factory_Inline($text));
        		$this->level++; // h2,h3,h4
        	}
        
      • 変更後
        	function Heading(& $root, $text)
        	{
        		parent::Element();
        
        		$this->level = min(3, strspn($text, '*'));
        
        		if( $this->level === 1 && !isset( $root->title ) && $root->id === 1 ){
        			$root->title = preg_replace('|\s*\[#.*|', '', $text);
        			$root->title = preg_replace('|^\*\s*|', '', $root->title);
        			$root->title = preg_replace('|\[\[([^>\]]+)(>[^>\]]+)?\]\]|', '$1', $root->title);
        		}
        
        		list($text, $this->msg_top, $this->id) = $root->getAnchor($text, $this->level);
        		$this->insert(Factory_Inline($text));
        		$this->level++; // h2,h3,h4
        	}
        

2016/09/11(日)RecentChangesページを考慮したブラウザキャッシュ制御

PukiWiki: RecentChangesページを考慮したブラウザキャッシュ制御

PukiWiki If-Modified-Since(条件付きリクエスト)対応のコメントでやりとりしていた、RecentChangesページを考慮したブラウザキャッシュ制御の機能をbodycache改良版に追加しました。

PukiWiki bodycache改良版のページで公開しています。なお、追加機能を使うには設定が必要です。*1

RecentChangesを考慮したページ更新日時

基本的な方針は、「Wikiページキャッシュ更新日時とRecentChanges更新日時のうち新しい方」をページの更新日時と見なすというものです。

以下の関数がこの新しい方の更新日時を返す関数です。$bodycache_lastmod_whatsnewはpukiwiki.ini.php内の設定で、$bodycache_lastmod_whatsnewがtrueの時のみこの機能は動作します。

  • bodycache.php
    // Get last-modified time for client side cache control
    function get_lastmodtime($page)
    {
    	global $bodycache_lastmod_whatsnew;
    	global $whatsnew;
    	static $lastmodtime = null ;
    	if ($lastmodtime !== null) {
    		return $lastmodtime ;
    	}
    
    	$cachetime = get_cachetime($page);
    	if ( $cachetime != 0 && $bodycache_lastmod_whatsnew ) {
    		$whatsnewtime = get_filetime($whatsnew);
    		$lastmodtime = ( $cachetime >= $whatsnewtime ) ? $cachetime : $whatsnewtime;
    	} else {
    		$lastmodtime =  $cachetime;
    	}
    
    	return $lastmodtime;
    }
    

この関数が返す日時を、ブラウザに返却するLast-Modifiedや、If-modified-sinceの比較に用いることで、RecentChanges更新時にはブラウザキャッシュも更新される動作になります。

追記

get_lastmodtimeは複数回呼ばれるので、処理量を減らすために1回目に呼ばれたときの結果を$lastmodtimeに残して2回目以降は$lastmodtimeを返すだけにしているのですが、今の書き方では引数の$pageを変更して呼ばれると正しく動作しなくなってしまいます。

今のコードでは、$pageを変更してget_lastmodtimeを呼ぶことはないので問題は起こりませんが、get_lastmodtimeの引数を変えてはいけないという制約ができてしまっているのであまり良くないですね。(うっかり忘れて将来事故を起こしそう^^;)そのうち修正するかもしれません。

*1 : 機能が不要な場合に負荷が増えないように。

その他のbodycache改良版の更新

更新のついでに、bodycache.php内の不要な記述の削除とコードインデントのタブへの統一*2も実施しました。

また、bodycache.php内にあった設定用の変数$bodycache_del_depthをpukiwiki.ini.phpに移動しました。

*2 : PukiWikiのコードが基本的にタブだったので。

2016/07/30(土)さくらのレンタルサーバーにPHP7を導入

2016年12月14日からPHP7.1が使用できるようになったので、この作業をする必要は無くなりました。→さくらのレンタルサーバ PHP7.1 提供開始のお知らせ | さくらインターネット

さくらのレンタルサーバーにPHP7を導入

さくらのレンタルサーバーがなかなかPHP7に対応しないので自力でインストールしてみました。

注意:この方法でPHP7を導入した後は、自身の責任においてセキュリティーアップデート(最新版の再導入)をしてください。

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他