2016/11/23(水)ノートPC購入・SSD換装 (LEVEL∞ N-Class Lev-15QX092-i7-RNE)

PC::Memo

ノートPC購入・SSD換装

今まで使っていたノートPCは結構前から調子が良くなく、新しいCPU/GPUが出たタイミングで買い換えようと思っていたのですが、最近GeForce GTX 10シリーズ(Pascal)がリリースされたのでついに買い換えることにしました。

CPUの方はKabylake-Hを待ってるとまたしばらく先になりそうなのと、Skylakeとの性能差はそんなに無さそうだったので待たずに買うことに(^_^;)

続きを読む

*1 : 代わりにHDDを取り付けたのでまだ旧PCも使えます。起動が凄く遅かったですが^^;

*2 : 買った時期の違いが大きいですが、今まで買ったSSDの中で一番安かったり。

*3 : 本機種はOptimusを無効化してGeforceだけを動作させることができるのでその状態で計測。

2016/08/18(木)Kaspersky 2016 のスクリプト埋め込みが改善されてた

PC::Memo

Kaspersky Internet Security 2016 のスクリプト埋め込みが改善されてた

以前の動作

Twitterに書いたとおり、Webページにスクリプトを埋め込まれ、0.5秒おきにスクリプトにアクセスするような動作をしていました。(アクセスはローカルなもので外部への通信が発生するわけではない。)

更新後の動作

Windows 10のAnniversary Update後にKaspersky Internet Security 2016が動作しなくなった*1のでアンインストールして最新版16.0.1.445を入れ直したのですが、挙動が以前と変わっていました。*2

まず、スクリプトが埋め込まれる動作は従来通りですが、0.5秒おきにアクセスする動作はしなくなっていました。

また、「Webページと連携するためWebトラフィック内にスクリプトを埋め込む」という設定が追加されており、この設定を無効にすることでスクリプト埋め込み動作をしなくなります。

kis2016_webscript.png


これならまあ不満はないかなあ。

*1 : ほかのPCは大丈夫だったのでいろいろ弄ってたせいかも^^;

*2 : 16.0.0.614の動作は従来のままでした。自動更新はされないので新しいインストーラーでのインストールが必要。

2013/01/02(水)CDexで作成したflacファイルの演奏時間(Duration)がおかしい

PC::Memo

CDexで作成したflacファイルの演奏時間(Duration)がおかしい

CDex*1でExternal Encoderにflac.exeを指定したときに、うまくflacファイルが作れなかったので対策とかをメモ。

現象と原因

  • 現象: 作成したflacファイルのDuration(演奏時間)が3:22:53.943 (536870902 samples)になってしまう。

    • metaflac --list の出力

      METADATA block #0
        type: 0 (STREAMINFO)
        is last: false
        length: 34
        minimum blocksize: 4096 samples
        maximum blocksize: 4096 samples
        minimum framesize: 0 bytes
        maximum framesize: 0 bytes
        sample_rate: 44100 Hz
        channels: 2
        bits-per-sample: 16
        total samples: 536870902
        MD5 signature: 00000000000000000000000000000000
      
  • 発生条件: CDexのオプション>設定>エンコーダを以下のように設定していると発生
    • エンコーダ: External Encoder
    • WAVヘッダーを標準出力へ送る: チェック
    • オンザフライエンコード: チェック
    • エンコーダパス: flac.exe
    • パラメータ配列

      -T "Artist=%a" -T "Title=%t" -T "Album=%b" -T "Date=%y" -T "Tracknumber=%tn" -T "Genre=%g" -V -8 -o "%2" -
      
  • 原因: CDexが送るWAVヘッダー内のサンプル数情報がおかしいため。

対策

対策は、「オンザフライエンコード」をやめるか、「WAVヘッダーを標準出力へ送る」をやめるか。今回は後者で対策。

  • 対策: CDexのオプション>設定>エンコーダを以下のように設定
    • エンコーダ: External Encoder
    • WAVヘッダーを標準出力へ送る: チェックしない
    • オンザフライエンコード: チェック
    • エンコーダパス: flac.exe
    • パラメータ配列(WAVEヘッダーに載っていたフォーマット情報を追加する)

      --force-raw-format --endian=little --channels=2 --sign=signed --sample-rate=44100 --bps=16 -T "Artist=%a" -T "Title=%t" -T "Album=%b" -T "Date=%y" -T "Tracknumber=%tn" -T "Genre=%g" -V -8 -o "%2" -
      
  • 対策後のmetaflac --list の出力

    METADATA block #0
      type: 0 (STREAMINFO)
      is last: false
      length: 34
      minimum blocksize: 4096 samples
      maximum blocksize: 4096 samples
      minimum framesize: 14 bytes
      maximum framesize: 14586 bytes
      sample_rate: 44100 Hz
      channels: 2
      bits-per-sample: 16
      total samples: 9064448
      MD5 signature: b39e15237a351fd155da06ee8d7a4e3c
    

すでに作成してしまったflacファイルの修正

STREAMINFOだけ書き換えられると再エンコード不要で早そうなのですが、方法が見つからなかったので再エンコードすることにしました。再エンコードするとタグ情報が消えるので、metaflacを使って元ファイルからコピーします。

  • flac2flac.bat

    flac -d -F -c %1 | flac -V -8 -o %2 -
    metaflac --export-tags-to - %1 | metaflac --import-tags-from - %2
    

    • 使い方

      flac2flac.bat 元ファイル.flac 再エンコード後.flac
      

*1 : 本当はEACを使うつもりだったのですが、なぜかEACが起動しないPCがあったので、CDexも使ってみることに。

2011/12/05(月)USBマウスが認識しなくなる問題

PC::Memo

USBマウスが認識しなくなる問題

分かってみれば単純な話でしたが、原因究明に時間がかかったのでメモ。

症状

以下の順序で進行。

  1. USBマウスがいつの間にか使えなくなる現象がたまに発生。ポートを変えてもだめ。再起動すると使えるようになる。デバイスマネージャーでUSB関係に「問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。(コード43)」。
  2. 再起動しても使えない場合が出てくる
  3. 起動できない場合が出てくる(ディスプレイには何も表示されず)。USBマウスを抜くと起動できる。
  4. 起動時に以下のBIOSメッセージが出る

    ERROR
    0701: USB Over Current On HC/Port - Bus:00H Dev:1AH Fun:07H / Port:01H
    ERROR
    0701: USB Over Current On HC/Port - Bus:00H Dev:1AH Fun:00H / Port:01H
    ERROR
    0701: USB Over Current On HC/Port - Bus:00H Dev:1DH Fun:01H / Port:01H
    

原因

マウスの故障だったらしく、マウスを替えたら直りました。

最初の症状でドライバの問題か、ポート側の故障かと疑ってしまったので、もっともあり得そうなマウスの故障にたどり着くのに時間がかかってしまいました^^;

最後の症状のメッセージからすると、マウスのどこかが接触不良などでショートしていって、接触不良の状態によっては使えていたのでしょうね。

とりあえずPC側の故障でなくて一安心。

2009/12/26(土)AtermWR8300Nの無線LAN設定

PC::Memo

AtermWR8300Nの無線LAN設定

無線LANルーターAtermWR8300Nを購入したので設定方法などをメモ。(人にあげるために買ったので使えるのは一週間ほど。良さそうなら自分用も買うかも。)

AtermWR8300Nの主な特徴は

  • 有線インターフェースがWAN/LAN側とも1000BASE-T対応
  • 無線は、2.4GHz帯のIEEE802.11n対応(5.2GHz帯には未対応)
    • 物理層転送速度はデュアルチャネル使用時最大300Mbps、未使用時130Mbps
  • マルチSSID & ネットワーク分離機能
    • 脆弱なWEPをできる限り安全に使うための機能

1年前は、有線が1000BASE-T対応で、無線に11nが使えるようなルーターはそれなりに高価でしたが、今は1万円以内の製品もあるので買い時としては悪くないと思います。IEEE802.11nも長らくdraftだったのが9月に正式策定されましたしね。

ルーター側の設定

自動で設定する機能もあるのですが、どんな設定項目があるのか確認したいのもあって手動設定しました。(自動設定使わなくてもそんなに手間ではないです。)

  1. 有線LANでルーターと接続
  2. http://web.setup/ にアクセスしてルーターの設定画面を開く
  3. 無線LAN設定を開き適当に設定
    ルーターの無線LAN設定画面
    • SSID: 任意
    • 無線動作モード: 自動にしておくとチャネル設定がオートになる(空いてるチャネルを探してくれるらしいです)
    • デュアルチャネル機能: 40MHzバンド幅を使用した通信を行いたい場合はチェック(選択できるチャネル数が減るので使わない場合はチェックを外しておいた方が良いかも)
    • 暗号化モード: もっとも安全性が高そうなWPA2-PSK(AES)を選択
    • WPA暗号キー(PSK): 64桁の16進数を入力、これがPSK(Pre-Shared Key: 事前共有鍵)になる
      • 63桁以下のパスフレーズを入力することもでき、その場合はハッシュ関数を通して256ビットの暗号鍵に変換されます。
    • 暗号化キー更新間隔: 短い方が安全だけど、とりあえず初期設定のままに。

PC側の設定

暗号化方式などは自動判別されるらしく、入力する必要があるのは暗号キーだけでした。(OSはWindows 7)

  1. ルーター側で設定したSSIDが見つかるので、接続する。
    無線LAN接続
  2. セキュリティキーを訊かれるので、ルーター側で設定したキーを入力(コピー&ペーストしました)
    セキュリティキー入力
  3. 接続確立(リンク速度は130Mbps)
    接続確立130Mbps

これで接続できましたが、リンク速度が130Mbpsでデュアルチャネル(バンド幅20MHz)にはなっていません。ネットワークアダプタの設定によるものなので、設定を変更してみます。

PC側デュアルチャネルの設定
  1. 2.4GHz帯の11nチャネル幅の設定があるので自動に変更
    ネットワークアダプタの設定
  2. 300Mbpsでリンク確立
    接続確立300Mbps

これで300Mbpsでリンクできましたが、接続はかなり不安定でベンチマークのためにデータを流すと30秒経たずに切断されます。これでは使い物にならないので元に戻すことにしました。

ちょっと残念な結果でしたが、2.4GHz帯は(特に都市部では)混雑しているためにデュアルチャネルが有効に働かないこともあるので、デュアルチャネルにそこまでこだわることもないかなと思います。(デュアルチャネルを使いたいなら、使用可能な帯域が広い5.2GHz帯を使うことも考慮に値するかも。)

スループット測定

iperfで測定してみたところ、TCPで50Mbps前後でした。無線LANとしては十分な速度だと思います。

ファイル転送も、よほど大きなファイルでなければストレスなく転送できますね。


おまけ: 暗号化モードについて

暗号化モードの項目には「WPA2-PSK(AES)」などの選択肢がありますが、この選択肢の意味をちゃんと把握できる人はあまりいないと思います。じつは、この「WPA2-PSK(AES)」の中のWPA2、PSK、AESはそれぞれ別の概念なので分けて考えた方が分かりやすいです。

具体的には、セキュリティ規格(セキュリティ標準)、鍵管理方式、暗号化方式の3つの概念があり、それぞれにいくつか種類が存在します。

  • セキュリティ規格: WPA、WPA2
  • 鍵管理方式: Enterprise(認証サーバー使用)、Personal(PSK使用)
  • 暗号化方式: RC4-TKIP、AES-CCMP

WPAとWPA2の違いは、ハンドシェイク方式などが違うらしくWPA2の方が機能性が上のようですが、普通の人は気にしなくて良い気がします。*1

セキュリティ強度は、どちらかというと暗号化方式で決まりますが、WPAでは「RC4-TKIPが必須でAES-CCMPがオプション」、WPA2では「RC4-TKIPがオプションでAES-CCMPが必須」なためか、WPA2の方が安全であると言われているようです。(実際WPA=TKIP、WPA2=AESの様な記述をしている所は多いですし、その組み合わせしかサポートしない機器もあります。)*2

※ルーターの設定では「WPA/WPA2-PSK(AES)」なんていう選択肢もありましたが、これはWPAとWPA2のどちらでも接続できると言うことかなあ。

鍵管理方式は家庭向けだとPSK(事前共有鍵)方式しか使えないことが多いですが、エンタープライズという認証サーバーを使う方式もあります。

暗号化方式は、暗号プロトコルと暗号アルゴリズムの組み合わせです。具体的には、TKIPやCCMPは暗号プロトコルで、RC4やAESは暗号アルゴリズム(暗号プリミティブ)です。なので、TKIPとAESは本来比較されるものでは無いのですが、一般的にはRC4-TKIPをTKIP、AES-CCMPをAESと略すようです。強固なのはAES-CCMPの方なので特に理由がなければAES-CCMPを選びましょう。

[余談] 良くAESだから安全という言われ方をしますが、単にAESを使っていればよいと言うものでは無くてAESを使っていても鍵管理などを含めた暗号システムの出来が悪ければシステム全体としては脆弱になります。もしRC4-TKIPのRC4だけAESにしたとしても、安全になると言うわけではないと言うことですね。

参考ページ

*1 : IEEE 802.11iとの関係は、WPAがIEEE 802.11i draft3準拠、WPA2がIEEE 802.11i 準拠、のはず。

*2 : もしかしたら同じ暗号化方式同士でもWPA2の方がセキュリティ強度が高いのかもしれませんが、調べた範囲ではそれはなさそうな感じでした。

OK キャンセル 確認 その他