メッセージ

2015年03月08日の記事

2015/03/08(日)Kaspersky Internet Security 2015 にSSL通信をスキャンさせない

Kaspersky Internet Security 2015 にSSL通信をスキャンさせない

アドウェアSuperfishが問題になって気にする人もいそうなので書いてみます。

元は、以下の不具合について調べてたときの副産物です。(今はFirefoxにもちゃんと証明書がインストールされるようです。)
セキュリティ証明書絡みの不具合 - Kaspersky Lab Forum

KIS2015インストール時のSSL通信

  • IEの場合
    IE_cert_1.png
  • Firefoxの場合
    Fx_cert_1.png

このように、初期状態ではKasperskyのルート証明書になっていて*1、SSL通信がスキャン対象になっています。

SSL通信もしっかりスキャンしたい人はこれで良いですが、SSLはブラウザまでEnd-to-Endで暗号化して欲しいとか、本来の証明書が隠れるのが嫌とか、KISが本来の証明書をちゃんと検証しているのか心配、という人はSSL通信をスキャンさせないように設定変更できます。*2

SSL通信をスキャンさせない設定

  • 設定→詳細→ネットワーク、と設定項目をたどると、「暗号化された接続をスキャンする」という設定があるのでチェックを外します。
    KIS_setting_1.png
  • 上記設定だけだと、GoogleなどのSSL接続の検索サイトは、まだ危険サイト診断の対象のままです。そちらも解除するには、設定→プロテクション→ウェブ保護→詳細設定、と設定項目をたどると、「危険サイト診断を有効にする」という設定があるのでチェックを外します。
    KIS_setting_2.png
    • SSL通信スキャンとは関係ないですが、KISがブラウザに追加するアドオン*3を無効にしたい場合は、「製品のプラグインを全てのWebブラウザーで自動的に有効にする」のチェックを外す必要があります。
    • 危険サイト診断の内容ですが、「危険サイト診断の設定」をクリックして出てくる以下の設定画面からすると、一種のWebフィルタリングのようです。これらのコンテンツに不用意にアクセスしたくない/させたくないなら、有効にしておくのが良いかもしれません。
      KIS_setting_3.png

設定後

  • IEの場合
    IE_cert_2.png
  • Firefoxの場合
    Fx_cert_2.png

本来の証明書が表示されるようになりました。

なお、この設定だけではKasperskyのルート証明書は削除されないので、どうしても気になる人は削除しておきましょう。

*1 : SSL通信を傍受するにはMan-In-The-Middle(中間者)攻撃の要領で通信に割り込むことになるので、必然的に自前の証明書に差し替えることになります。アドウェアSuperfishがやっていることと技術的には同じですね。

*2 : セキュリティソフトにどこまでチェックさせるかは悩ましいところです。なお、KIS2014では、初期設定ではSSL通信はスキャンしていませんでした。

*3 : コンテンツブロック、セキュリティキーボード、ネット決済保護のアドオンが追加されます

OK キャンセル 確認 その他